台湾マスター的ブログ/観光/【保存確定】台湾で事故・病気・犯罪等トラブル発生時の緊急連絡先。
マジメな話題から笑える小噺まで。ニッチな台湾を紹介します。

【保存確定】台湾で事故・病気・犯罪等トラブル発生時の緊急連絡先。

【保存確定】台湾で事故・病気・犯罪等トラブル発生時の緊急連絡先。

どーもこんにちは。

台湾マスターです。

さて、今回皆さんにご紹介しようと思うのは台湾でトラブルに巻き込まれた際に役立つ情報です。

トラブルに巻き込まれない事に越したことはないのですが、旅行中になんらかのトラブルが発生した場合、中国語を話せないなら非常に不安ですよね。

ましてや事故や病気、最悪の場合犯罪に巻き込まれてしまった場合、同行者に中国語のできる友人がいなければパニックに陥りますよね。

そんな時は焦らずに次の緊急連絡先に連絡してみましょう!

Advertisement

事故・犯罪・火災に巻き込まれた場合

旅行や出張、留学、駐在等の事情で台湾に滞在していて、万が一事故や犯罪、火災に巻き込まれてしまった際、自分で電話連絡できる場合はまず以下の連絡先に電話してみましょう。

中国語ができる人

すでに台湾にある程度の期間住んでいて、中国語が話せるのであれば次の番号を覚えておきましょう。

警察: 「110」
火災、救急: 「119」

日本と同じ番号です。

事故に遭った、あるいは事故を起こしたけど相手も自分も全然怪我などしていないという場合は、110番ですね。警察に連絡しましょう。

火事に遭遇して周りにだれもいないとか、倒れている人を見かけたけど周りに誰もいない場合は自ら119番で救急を要請しましょう。

ただ、緊急時にで冷静に中国語を話すというのはなかなかできないですので、ハードルは高めですね。自分の中国語に自信がある方は迷わず連絡してみましょう。

中国語ができない人

観光で台湾に来ているときに事件や事故等のトラブルに巻き込まれ、中国語ができずに焦った場合は下の番号に電話しましょう。ただし台北市と高雄市のみの対応ですので、そこは注意してください。

02-2556-6007 台北市警察局外事服務站:24 時間体制

07-215-4342 高雄市警察局外事服務站:24 時間体制

さすがは親日国台湾です。

24時間体制でフォローしてくれています。ただ、台北の場合は24時間体制ではあるが日本語対応可能な人材は常駐ではないという情報もありますので、そこは注意が必要です。

台湾の警察に連絡しても埒が明かない場合は、最終手段として日本台湾交流協会に連絡するのがベストです。

台北事務所

住所:台北市松山區慶城街 28 號 通泰商業大樓
電話:02-2713-8000
HP:http://www.koryu.or.jp/taipei/

高雄事務所

住所:高雄市苓雅區和平一路 87 號 南和和平大樓9樓
電話:07-771-4008
HP:http://www.koryu.or.jp/kaohsiung/

台湾マスターの事故経験

私はこれまでに台湾で2回、110番しています。あと119番にも1回電話しています。

すべて交通事故がらみです。

私はこちらで車を運転していますが、これまでに4回、交通事故に遭っています。すべてにおいて私の過失割合が少なく、もらい事故がほとんどです。0-10で相手が完全に悪い場合もありました。

はじめての事故はバイクとの接触事故です。相手は19歳の大学生の女の子でした。

私が自動車専用車線を走っていると、前の車を追い抜こうとした女の子が運転するバイクが何を思ったか、

私の車の右後方にクラッシュ。

その場で女の子はバイクから転げ落ちました。

腕が痛いといっていましたが、

大学の授業に遅れたくないからといって、そのままバイクで走り去ろうとしました。

私も初めての事故で気が動転していましたが、

とりあえず電話番号は交換しとかなあかん!

って思い、電話番号交換を交換しました。で、その後女の子はそそくさと大学に向かいました。

通勤ラッシュの時間で、しかも幹線道路での事故だったので、とにかく渋滞させたらあかんという気持ちが強すぎて、私も女の子を解放してしまったのですが、それがよくありませんでした。

よく見ると、ぶつけれらたところがかなりへこんでいます。でも女の子はすでにいない。。。とりあえずそのまま会社に向かい、同僚に状況を説明すると、

事故ったら車を動かさずにその場ですぐに警察に電話しないとだめだよ~。

って言われました。

しかも、車の凹みを保険で修理するには警察の事故証明が必要だということで、早速大学生の女の子に電話連絡し、近くの警察署で待ち合わせをすることになりました。

お互い警察署に到着して、警察の人に事故の状況を説明していると、女の子があたかも私が悪いような説明をしていました。

ちょっと待たんかい!!

ぶつかってきたのは相手で、しかも事故った場所は自動車専用車線だと私は主張しました。

そして事故った場所は交差点付近だったので、カメラが設置されているはずだからカメラの映像を確認するように警察に依頼しました。(台湾のほとんどの交差点にはカメラが設置されています。というかあちこちに防犯カメラが設置されており、その点では日本よりも進んでいます)

で、事故った時刻を正確に記録していたのでその時間を警察に伝え、映像をチェックしてもらったところ、

自動車専用車線を走る彼女のバイクが私の車の右後ろに当たっている場面がはっきりくっきり写っていました。

万事休す。

私の潔白が証明された瞬間でした。映像が残っている以上、相手は何も言えず、自動車専用レーンを走った為に罰金まで徴収される羽目に。

まあ、少し同情はしましたがこればかりは仕方ないですね。修理費も相手が全額負担となりました。

この出来事以降、事故ったらその場ですぐに警察に連絡し、警察官同伴の現場確認をするようにしています。

事故ったらとにかく何があってもすぐに警察に電話するよう心がけましょう。

Advertisement

【番外編】台湾で事故を起こした時の処理の流れ

台湾では事故をしょっちゅう見かけます。で、まったくもって大したことない事故で、明らかに自走できるにも関わらず、その場に車を停めたままで警察を待っている光景をこちらではよ〜く見ます

車を路肩に寄せずにそのままにしているため、案の定、大渋滞が発生します。そのせいで会社に遅刻することも多々あります。

ではここで、台湾の警察が推奨している事故発生後の5ステップを紹介します。

画像元:新北市ホームページ

5ステップとは中国語で

【放(ファン)・撥(ボー)・劃(フア)・移(イー)・等(デン)】

と言います。下に詳しく説明します。

ステップ1.:三角表示板を置く

ステップ2.:警察、救急に連絡

ステップ3.:事故車両の位置をマーキングするかスマホで写真・動画を撮影

ステップ4.:お互い怪我がなく、車両が自走できる場合は安全な場所に移動させる

ステップ5.:警察や救急隊員を待つ

最近ではドライブレコーダーもありますし、スマホで簡単に写真を撮ったり動画を撮影できるので、軽微な事故であれば事故った場所を記録して、すぐに車を安全な場所(路肩)に移動させるよう推奨されています。

最近テレビのコマーシャルでも上記の処理方法がしょっちゅう放送されてますので、今後は事故渋滞が緩和されるのではないかと期待しています。

民事・刑事裁判やビジネス上のトラブルが発生した場合

こんなことに巻き込まれるのは稀なケースではありますが、もし事件やトラブルに巻き込まれたり、ビジネス上、訴えられたり訴えたりする場合、自分の力ではどうしようもない為、弁護士の力が必要になると思います。

その時は下に紹介する弁護士事務所に相談するのもありだと思います。日本語対応可能です。

黒田法律事務所

住所:台北市松江路126號3樓

電話:(02)2581-3130

FAX :(02)2571-3130

安心の日本人弁護士による法律事務所です。

業務範囲
当事務所は、対象地域別では中国・台湾案件、対象分野別では主に知的財産権案件を数多く手掛けています。
中国・台湾案件では、外商投資企業の設立における契約書類の作成や会社登記等の諸手続き、合弁相手企業や政府当局との交渉、中国国内企業に対するM&A、現地企業のデュー・ディリジェンス等の投資案件や、輸出入契約・アンチ・ダンピング・独禁法関連の通商分野、外商投資企業の労務管理等企業活動において多方面からサポートをしております。
知的財産権分野においては、特許権・実用新案権・意匠権・著作権の侵害紛争・訴訟の対応、無効審判、商標不使用取消審判請求、模倣品対策等多岐にわたり、日本企業が海外において特許訴訟を行う際には、現地の提携法律事務所と協働して対応にあたっています。
また、日本企業の海外拠点における知的財産管理や海外技術移転に伴う契約書類の作成、職務発明規程作成等についてのご相談も数多く承っています。
その他、新興国や成長市場への投資案件、デジタルコンテンツを利用したインターネットビジネス、スポーツマーケティングといった分野においても豊富な経験を有しています。

引用元:黒田法律事務所ホームページ

ということなので、ビジネスの分野で強力なサポートをしてくれそうです。

Advertisement

萬国法律事務所

住所:台北市仁愛路三段136號13樓

電話:(02)2755-7366

FAX :(02)2755-6486

私の台湾人の友人がこの法律事務所で弁護士として働いていましたが、その友人は日本語ペラペラでしたね。今は日本の法律事務所で働いています。

この法律事務所は台湾でもかなり有名で、ビジネス紛争から民事・刑事訴訟まで守備範囲の非常に広い法律事務所です。

万が一、犯罪に巻き込まれたりした場合は、ここに連絡を取ってみると良いかもしれません。まあ、そんなことにならないよう日々注意が必要ですが、いつ冤罪を吹っかけられるかわからない時代ですからね。

病気になった場合の緊急連絡先

台湾で体調を崩したり、病気になった場合、言語が通じないのは不安ですよね。

でも安心してください。

台湾には優秀な日本語ができるお医者さんがたくさんいます。下に、日本語の通じるクリニックや病院をリストアップしておきます。病院名、電話番号、住所、診察時間も記していますので、緊急事態が発生した場合は、すぐに電話するか、直接病院に行ってみてください。

画像元:日本台湾交流協会ホームページ

とにかく緊急事態が発生し、電話する余裕すらない場合

中国語もできないし、電話もないし、どうしようもなく困った場合の対処法ですが、案外簡単です。

とにかく大声で、日本語で

助けてくださ〜い!!

と叫んでください。

台湾人は優しいですし、台湾は親日国家です。日本語を勉強していたり、日本語がペラペラに話せる人がたくさんいます。冗談抜きで台北なら日本語話者がたっくさんいます。

なので、とにかくどうしようもなくなったら恥を捨てて叫んでみましょう。

どなたか心優しい台湾人が助けてくれるはずです。

本人が日本語を話せなくても、すぐに日本語を話せる台湾人を紹介してくれたり、探したりしてくれます。

台湾人は本当に優しいです。その優しさに甘えましょう。もちろん助けてもらったなら、ちゃんとお礼をしましょうね。

※台湾旅行に行く予定で、中国語ができないため本当に本当に不安で不安で仕方がない、という場合は問い合わせ欄から私に連絡ください。別途対応方法についてご連絡差し上げます。

終わりに

今回は、中国語が話せない人が台湾でトラブルに巻き込まれた場合に役立つ情報を書いてみました。

どんなに気をつけていても病気になったり、事故にあったり、トラブルに巻き込まれたりするもんです。そんな時、焦らずにこのブログに記されている緊急連絡先に連絡してみてください。

日本語対応可能というだけでプレッシャーから解放され、安心感が生まれますからね。

以上

台湾マスターでした。