マジメな話題から笑える小噺まで。ニッチな台湾を紹介します。

台湾での運転の秘訣。それは考えながら走ること。

台湾での運転の秘訣。それは考えながら走ること。

毎日お仕事お疲れ様です。

台湾マスターです。

さてさて、前回「台湾の交通事情についてよ~く知っておきましょう。」の記事でも紹介しましたが、台湾は危険です。何が危険って道路が危険です。決して治安が悪いわけではありません。そこは誤解のないようにお願いします。

台湾の何が危険なのか?

台北以外まず道路自体が危険です。凸凹ありすぎです。この点、台北は本当にいい道路です。日本と遜色ないです。でも台北から一歩出ると、すぐに道路が凸凹になります。バイクで走ってても、注意して路面状況を見ていないと、穴にハマってコケたりします。私の友人が深さ10センチほどの穴にハマり大怪我しました。

そして上の記事でも紹介しましたが、バイクが多いのと、運転技術が未熟な人が多いので交通状況が危険すぎます。本当によく事故ってます。

台湾人が日本に遊びに行って、まず感銘を受けるのが、「道路が平らなこと」、そして「道路にゴミが落ちてないこと」、「そして皆が交通法規を守ること」です。これはよく台湾の友人から聞く感想です。「道がキレイに整備されてるからハイヒールで歩いてもコケることないわっ!」って知り合いの女性が言ってました。

当たり前じゃね?

と思いますが、こちらでは当たり前ではないのが現状です。

道路にゴミが散乱してます。未だにビンロージの繊維状の食べカスや吐き出した赤い血のような液体が道路にこびりついています。これは本当にうんざりですね。

Advertisement

バイクや車は便利!

さて、台湾の道路の話になるとうんざりすることばかりですが、いくら危険といっても、やはりバイクとか車に乗れれば生活の利便性が一気に向上します。

台北なら地下鉄やバスやU-BIKEというレンタサイクルが発達してるので、バイクや車の必要性をあまり感じませんが、郊外だと本当に便利です。でも、慣れるまでは時間がかかるかもしれません。何せあのバイクの量ですからね。

私は台湾に来て語学学校に入って居留証取得後すぐにまずバイクの免許をとりました。そして125ccのヤマハのバイクを新車で買ってブンブン乗り回していました。その後、法律が変わってから日本の普通自動車免許証を中国語に翻訳し、台湾の車の免許も取得し車も運転するようになりました。危ないですが、やはり便利ですね。

今の所、バイクを買ってから1ヶ月くらいでコケて顔と肘を怪我したくらいで、その後は特に大きな事故には遭遇していません。車では3回ほど事故しましたが、全て相手に過失がある貰い事故でした。

なぜこの台湾で事故らずにまだ生きていられるのでしょう?秘訣とは何だろう?

これについてちょっと考えてみました。

事故らない秘訣

秘訣は今の会社の社長が放った言葉だと気づきました。それは

「考えながら走ること」

そう、あのサッカーのオシム監督の名言パクリですね。

社長はよく「何をするにしてもまずよく考えろ」、と口酸っぱく言っています。「仕事もそう、運転もそう、とにかく考えながらすることが大事である」と。

例えば高速道路で社長を乗っけて走っていた時に、「高速出口のあるレーンは車が高速を降りて行くから、渋滞時にはそのレーンを走れば他のレーンより混んでいない」とか、「交差点の信号で止まる前に予め前の状況をみて、ダンプカーとかトラックとか発進が遅い車の後ろにはつくな。」とか。

まあ、至極当たり前の事なんですが、以前の自分は運転しながら特に何かを考えたことはありませんでした。渋滞が発生したら、何も考えずそのままのレーンにいる。交差点の信号で止まるときも、特に前方の状況は考えずに、そのまま停止する。そんな惰性の運転をしていました。

でも、「考えながら運転する」習慣を身につけてつけてからは、周りの状況がよく読めるようになりました。

もちろん、「今日は何を食べようかなあ?」とか、運転とは全く関係のない別のことを考えてはダメです。それはただ事故の元です。

前にトラックがいてその前にもボロい車が走ってるから、こう行ってこう行けば速度を落とす事なく追い越せるとか、このレーンは空いてるけど、もしかしたら前方で事故があったので空いてるだけかもしれない、とか、今信号機から約700メートル離れた場所で、対向車線からたくさんの車が来てるから、40秒ほど前にその信号が青だったはずで、そこから逆算すると、自分がこのスピードで運転すれば前の信号を青で渡れるとか、有る事無い事予想しながら、仮定しながら運転し、その読みが的中することで、ある種楽しみが生まれるんですね。

常日頃そうやって神経を研ぎ澄ませながら、危険察知能力を向上させるとともに楽しみながら運転する事で周囲の状況に敏感になり、バイクが多くても、めちゃくちゃな運転する車が多くても、事故る確率が大幅に減っているのではと思いました。

台湾では惰性で運転してたら事故ります。常に

考えながら走ること。

これを意識して運転するようにしましょう。

台湾マスターからでした。

created by Rinker
¥1,404 (2019/02/16 09:15:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

Advertisement