マジメな話題から笑える小噺まで。ニッチな台湾を紹介します。

コストコの9つの秘密。会員じゃなくても買い物できる裏技など。

コストコの9つの秘密。会員じゃなくても買い物できる裏技など。

毎度お世話になっております。

今日はこちらは雨です。

もう梅雨が近づいてきましたね。

少し憂鬱な台湾マスターです。

さて、以前に「台湾でコストコが増殖中?台湾のスーパー事情について。」の記事でも紹介した台湾でも大人気のコストコについて、耳よりな情報が入りました。

画像元:コストコ台湾ホームページ

コストコの9つの秘密

本日台湾のヤフーニュース等で紹介されていたコストコ9つの秘密について、ご紹介いたしましょう!

秘密1 非会員でも買えるものがある

コストコは会員制というのは皆さんご存知だと思います。台湾の場合は年間1350元の会員費が発生します。そこそこ高いんですね。私は台湾でキャンペーン中に会員になったので、会員費は友人と折半となり、そこまでダメージはありませんが、やはり高いと思います。以前に読んだ記事によると、コストコの利益はほぼこの会員費で成り立っているそうです。

で、なんとそのニュース記事によれば、以下のものについては会員ではなくても買える(利用できる)そうです!

1.ワイン

2.目の検査

3.薬局の物品

4.フードコート

フードコートは確かに会員ではなくとも利用できますね。これは私もカード不携帯時によく利用するので知っています。会員カードを提示せずとも、でっかいピザやホットドックを食べることができます。

ただ、ワインや目の検査、薬局のものが会員カード無しで買える(利用できる)のかは、自分で試したことがないので正直わからないですね。今度チャンスがあればトライしてみようと思います。

Advertisement

秘密2 特価品の差額分返金

定期的にコストコから特価品についてのお知らせが届くと思います。まあ、そのDMには通常価格より何円安いかの情報しか書いておらず、

もともとの値段がわからないので個人的にはめちゃくちゃ不満

なのですが、その話はおいといて、特価セールが始まる前に買った商品で、1週間後にセールで500円安くなってた、とかあったりしますよね?

実は、買った商品が30日以内に買った値段より安くなった場合、

差額を返金してもらえるんです!

これは知っておいて損はないですね。

秘密3 月曜日の朝が狙い目

私は混雑している場所に行くのが大嫌いです。なので、夜市とか観光名所とか行くだけでストレスが溜まります。コストコも同じです。休日の昼とか夕方なんかに行った日にはもう歩けないくらい人がいます。ムスカなら「人がごみの様だ」って絶対言うと思います。

で、コストコ社員の情報によると、

月曜日の朝は客が少なく、リラックスして買い物ができるそうです。

あと、週末の朝も狙い目との事。

月曜の朝は仕事なので行けそうにないですが、週末の朝なら大丈夫そうですね。今度行ってみようと思います。

秘密4 在庫確認のお願いは無意味

スーパーとか家電量販店で欲しい商品が売り切れてて店内に無いとき、よく店員に「在庫ありますか?」って聞きますよね。私も聞きます。すぐに欲しいですもんね。で、結構な確率で在庫があったりします。

コストコの場合、店内がそのまま倉庫となっているので、

店頭にない商品=在庫無し

ということですので、店員に聞いても無駄ですね。

コストコ自体「コストコホールセールはアメリカ生まれの大型会員制の倉庫店」って謳ってますもんね。次回売り切れてしまった商品については「在庫ありますか?」って聞かないようにしましょう。





秘密5  商品レイアウトがよく変わる

コストコの特徴として、商品のレイアウト(陳列位置)がよく変わることです。「前までココにあったのに無くなってる!」ってことがよくありますよね。それにも実は訳があるんですよね。「あれ?あの商品はどこだ?」って人にモノを探させるんですね。で、探してる途中に他の商品を色々見せることで購買意欲を刺激するんです。で、「あ、これ安い!」と思ってついつい目的とは違う別のものを買わせようとするんです。ニクいですね。

私もその戦略によく引っかかり、要らないものまで買っちゃいます。

秘密6  価格の数字に隠される意味

コストコで買い物をしてると、なんでこんな中途半端な価格なんだ?って思うことよくありますよね。実はこの数字に秘密が隠されているんです。

価格の末尾が「7」、「8」、「9」の場合、それは特価品です。

で、値札に「*」のマークががついている場合、それは

再入荷無しの売り切り商品という意味です。

まあ、「これを知っててどうなのよ?得するの?」と言われると返す言葉がないですが、トリビアとして知っておいて損はないと思います。

友人とコストコに行って、「値札で7、8、9が末尾の商品は特価品だよ」とか「*マークの商品は再入荷無しの売り切り品だよ」とか言ったりして、ちょっとした優越感に浸ることができます。友人との会話に困り、気まずくなったらこの話題で切り抜けましょう。

秘密7  待遇がいい

これはどうでしょうね。昨年末に色々ニュースにもなっていましたが、コストコは確かに時給はいいが、パートタイムでしか働けず、週40時間のフルタイムでシフトに入るのは困難だそうです。なので、結局あまり儲からないと言う情報が出ていました。また仕事も激務できついらしいです。

私の台湾の友人はコストコで正社員として働いていますが、バイトから正社員に採用されるには一生懸命働いても1年〜2年かかり、正社員登用の競争も非常に激しいそうです。正社員になってからも幹部になるためには他のライバル社員に勝たないといけないので、人間関係がギスギスしてストレスが溜まると言っていました。仕事も激務で有給取得も難しいと話していました。

ただ、確かに福利厚生はめちゃくちゃ良くて、正社員になったら一定の間隔で昇給し、下がることはないそうなので、勤続年数の長い社員も多いと言っていました。

この秘密はまあ、人によっては価値観が違うのでどう見るかはその人次第でしょうね。

Advertisement

秘密8  コストコ店内に入ったらまず中央エリアに行くべし

コストコの社員の情報によると、特価品・セール品は店の真ん中のエリアに配置するそうなので、いち早く特価品を買いたい人は、店に入ったら一目散に中央エリアに行くといいそうです。

私は別に特価品を狙ってコストコに行くことはあまりないので、中央エリアには興味ないですね。しかも

中央エリアってどこやねん?

て思ってしまいました。私の知る限り中央エリアは服売ってる場所ばかりなんですがね。

まあ、次回行った時にこれも確認してみようと思います。

秘密9  何かあれば「青ベスト」の人を探す

コストコには3種類の人がいます。

「青ベスト」「赤ベスト」、「普段着」この3種類です。

親しみを込めて「青レンジャー」「赤レンジャー」、「普通」と呼ぶことにします。

青レンジャーは基本、売り場の主任の人なので、商品について疑問があったり何かあればとにかくこの人を見つけて聞いてみましょう。

赤レンジャーはレジ前で商品をコンベアに載せてくれるのを手伝ってくれたり、勘定が終わった後の商品をダンボールに入れてくれたりする人です。

普通は主にレジで働いておられる方で爽やかな笑顔を提供してくれます。

次回、コストコに行った時は注目してみましょう!

まとめ

コストコの9つの秘密、復習してみましょう。

秘密1 非会員でも買えるものがある

秘密2 特価品の差額分返金

秘密3 月曜日の朝が狙い目

秘密4 在庫確認のお願いは無意味

秘密5  商品レイアウトがよく変わる

秘密6  価格の数字に隠される意味

秘密7  待遇がいい

秘密8  コストコ店内に入ったらまず中央エリアに行くべし

秘密9  何かあれば「青ベスト」の人を探す

 

と言うことでした。

特に知らなくてもいい情報はありましたが、知っていても損はない情報でしたね。次回コストコに行く時は、上記情報を頭に入れておきましょう!!

以上

台湾マスターでした。